犬のトイレのしつけは、叱らずに気長にすることが大切

dog01
犬のトイレのしつけのポイントは、子犬の時から
きちんとしつけをしておくことが大切です。

子犬が生後2ヶ月ほどしたら、トイレのしつけの目安です。

人間の子供と同じで、はじめからトイレがうまくいくと
考えないほうがいいでしょう。

早くトイレを覚えさせようとして、
厳しくしかったり、たたいたりすることは逆効果です。

長い目でみてあまり怒らずに、
できたらほめてあげるという姿勢が大切です。

トイレのトレーニングは、はじめはサークルの中に
ペットシーツを敷いておくところから始めます。

子犬は、しょっちゅうサークル内のいろんな所で
トイレをしますが、ペットシーツ内にトイレができていたら、
思い切りほめてあげるようにします。

すると、子犬はペットシーツの場所
トイレをする場所だと理解するようになります。

サークルをはずして飼うようになると、
トイレをしたい仕草をした時に、ペットシーツの場所に
連れていくように習慣づけていきます。

もしペットシーツ以外の場所でトイレをしても、
怒らずにキレイに掃除しておきます。

現行犯でほかの場所でトイレをしているのを見かけたら、
短くわかりやすく叱るようにします。

時間が経ってしまってから怒ると、
犬はなぜ怒られているのか理解できず、
トイレをすることが悪いことだと認識してしまいます。

隠れていろんな場所でトイレをするようになり、逆効果です。

トイレの場所は一度決めたらあまり変えないようにして、
わかりやすくしておくことも大切です。



一押し記事一覧