家族の一員 愛犬のしつけ「トイレの基本」

a0001_000043
犬の「トイレ」はしつけをする項目の中で上位に位置します。

仔犬の場合はお家に来たその日から始めても大丈夫です。

成犬の場合もしつけは可能ですが、
成犬になった犬が初めてのお家に来た場合は、
先ずは新しい環境に慣れる所から始めてください。

犬は自分の寝床ではトイレをしないので、
自分専用の「トイレの場所」を用意してあげて下さい。

人の出入りが少なく、静かな場所が望ましいですが、
あまり遠くなく、移動が困難な場所は避けてあげて下さい。

もし、「トイレ」以外の所で粗相をしても、叱らず、
犬に掃除をしている姿を見られないように、
別の場所に連れて行き、静かに綺麗に掃除をしてあげて下さい。

叱ってしまえば、犬は粗相を「した事」を怒られていると理解し、
我慢するようになったり、隠れてするようになり、
また、隠そうとうんちを食べてしまうといった事態になりかねません。

この時、ニオイも残らないように綺麗に消臭して下さい。

粗相をした場所にニオイが残っていれば、
そこが「トイレ」と思い、失敗の原因にもなります。

人に様々な性格や能力が有る様に、
ワンちゃんの性格だって様々です。

犬はリーダーの元で群れを成し生活をしていた訳ですから、
飼い主さんがリーダーとして認められ信頼関係が築ければ、
しつけをしていくのもスムーズに進みます。

犬の習性を無視したしつけは、犬にとって
とてもストレスがあり大変です。

イライラせず、気長にしつけてあげて下さい。

それに、育つ環境も違えば、飼い主さんも違います。

その犬に適したトレーニング方法を見つけてあげてください。



一押し記事一覧