犬のトイレのしつけで大切なこと

a0027_001393ペットを飼うときは、しっかりとしつけをすることが重要です。

しつけをしておかないと、自宅を汚されたり、
他人に迷惑をかけたりすることになります。

特に犬のしつけは重要で、しつけをしていないと
吠えてしまったりするので、注意しなければなりません。

犬のしつけでまず大切なことは、
犬に下に見られないようにすることです。

犬が自分より下だと判断すると、
言うことを聞かなくなってしまいます。

リーダーの命令をきく習性がありますので、
自身と犬との間の順位付けが大切です。

まず基本的なしつけですが、
ダメなものをしたときのしつけです。

ダメなものを分からせるためには、
体罰ではなくて犬に声で分からせることが重要です。

出来るだけ迫力のある声で「ダメ」と言うことで、
犬はいけないことだと知ることが出来ます。

ダメが出来たときには、思いっきり犬を褒めてあげることで、
ダメと言われたことをしなければ、褒められると印象付けることが出来ます。

待て、お座り、伏せなどの基本的なしつけは、
褒めて覚えさせるのが効率的です。

出来ないときは出来てないことを声で分からせるようにして、
出来たときは褒めましょう。

犬のトイレのしつけですが、
このときは叱ったりしてはいけません。

トイレの際に叱ってしまうと、
トイレ自体がダメなことだと勘違いしてしまうことがあります。

トイレのしつけには、ペットシーツを用いて
トイレが分かりやすくなるようにします。

トイレがしっかりと出来たときは、
ご褒美をあげるようにすると覚えてくれます。

1位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

2位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト

3位 ○○○○○○○○○

af-image
○○○商品の見出し○○○○○○商品の見出し


説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト説明テキスト

こんな方にお勧め!!

  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト
  • テキストテキストテキストテキストテキストテキスト


コラム記事一覧


記事保管所

犬のしつけはトイレのしつけをはじめ専門所での訓練が一番効果的

dog05

犬のしつけでお困りの方も多いのではないでしょうか。

特に、初めて犬を飼う人は、どのようにしつけをしたら良いのか
迷う方も多いと思います。

しつけがうまくいかないと、人を噛む行為やよく吠える行為など、
迷惑行為でトラブルになることもよくあります。

そして大変なのが、おしっこする場所をうまくしつけないと、
大変なことになります。

お手やおすわりといった簡単なことは、
素人でも教えることができると思います。

しかし、トイレのしつけを含めて、人に迷惑をかける行為を
しつける場合は、犬の訓練所やしつけ教室
任せた方が確実です。

今は、犬のしつけ教室も様々な所で行っています。

教室料金も、リーズナブルな価格でしつけを行ってくれたり、
訪問で実際に犬の環境に合わせたしつけを行ってくれる教室
存在します。

私も以前、犬の訪問しつけ教室を頼んだことがあります。

その教室は、一回約5千円程度で訪問してくれて、
犬に合わせた訓練をしてもらえる教室でした。

我が家の犬の悩みは無駄吠えと噛み癖、
そして留守番の時の態度でした。

それらの問題点を一つ一つ丁寧にしつけていきました。

おかげで、教室に依頼してから無駄吠えもなくなり、
噛み癖も改善され、留守番もできるようになりました。

もし、しつけで悩んでいましたら、
専門家に頼むのが一番だと思います。

やっておきたい犬のトイレのしつけ

a0782_000047
犬との生活は、私たちに様々なものを与えてくれる
非常に意味の大きなものです。

できれば長く幸せに一緒に暮らしていきたいものです。

人間と犬が一緒に生活していくうえで、
気をつけなくてはならないことがたくさんあります。

家族の中では多少のわがままは許されるかもしれませんが、
外ではそうはいきません。

他の人ともトラブルを起こさないことが
幸せな暮らしのポイントです。

そのため、犬のしつけをきちんとしておくことが大切なのです。

犬は賢い動物ですから、しつけをきちんとすれば
人間社会になじむことができます。

できれば子犬のうちからしつけを始めておくべきでしょう。

小さなうちなら習慣づけがしやすいですし、
遊び感覚でしつけもしやすくなります。

しつけをしようとするとき、何度やっても覚えてもらえない時は、
ついつい怒ってしまいたくなりますが、ぐっと我慢をしましょう。

感情的になるのではなく、根気強く教えていくのが
犬のしつけのポイントです。

犬のしつけで最も重要なものが、トイレのしつけです。

特に外に連れ出す機会の多い犬は、
早い段階から始めておくべきです。

建物の中などに連れて行ったときに、
粗相をしてしまうと周りに迷惑を掛けます。

そうすると犬連れで出かけにくくなってしまうのです。

トイレのしつけがきちんとできていると
外出もぐっと楽になります。

排泄のたびにしつけのチャンスがありますから、
根気強く行いましょう。

難しいようなら、しつけの専門家に
アドバイスをもらうとよいでしょう。

犬の無駄吠えのしつけとトイレのしつけ

a1180_013539
最近のペットブームは、一昔前とは様子が違う。

「溺愛」といっても過言ではない場面に遭遇する事も多い。

洋服を着せる事は、序の口として、特に小型犬でよく見られるのが、
散歩をするのにベビーカーに乗せているのには、びっくりする。

昔は番犬として外で飼われていたことが多かったが、
最近は小型犬、大型犬を問わず、室内で飼っている犬が多くなり、
より家族としての認識が高くなっているからであろうか。

室内で一緒に生活する時間が増えると、
しつけもより関心が高い。

トイレに関しても、寝る場所に関しても、
その家のルールに従えばよいと思う。

気になるしつけに「無駄吠え」がある。

犬にしてみれば、何か意味があって吠えるのである。

それこそ、番犬として飼われている犬は、
家族以外には吠えてもらったほうがいい。

番犬としての役割も担っているわけですから。

それなのに、最近は吠える犬は、煙たがられ、
しつけが悪いとされる。

小型犬ほど、自分の身を守るために、
吠える本能があるともいう。

吠える事は良くないということを、
根気強く教えなければならない。

人が通った時に吠えないようにし、
出来た時はご褒美としておやつをあげたりして褒める。

人の多い場所に連れて行く回数を増やし、
慣れさせることも必要かもしれない。

番犬として飼っていた昔は、吠えてもらったほうが良かったのに比べ、
最近の考え方として、吠える事はしつけが悪いとされてるようです。

矛盾しているようにも思えるが、しつけ次第
解決出来る事なのかもしれない。

犬のトイレのしつけは、叱らずに気長にすることが大切

dog01
犬のトイレのしつけのポイントは、子犬の時から
きちんとしつけをしておくことが大切です。

子犬が生後2ヶ月ほどしたら、トイレのしつけの目安です。

人間の子供と同じで、はじめからトイレがうまくいくと
考えないほうがいいでしょう。

早くトイレを覚えさせようとして、
厳しくしかったり、たたいたりすることは逆効果です。

長い目でみてあまり怒らずに、
できたらほめてあげるという姿勢が大切です。

トイレのトレーニングは、はじめはサークルの中に
ペットシーツを敷いておくところから始めます。

子犬は、しょっちゅうサークル内のいろんな所で
トイレをしますが、ペットシーツ内にトイレができていたら、
思い切りほめてあげるようにします。

すると、子犬はペットシーツの場所
トイレをする場所だと理解するようになります。

サークルをはずして飼うようになると、
トイレをしたい仕草をした時に、ペットシーツの場所に
連れていくように習慣づけていきます。

もしペットシーツ以外の場所でトイレをしても、
怒らずにキレイに掃除しておきます。

現行犯でほかの場所でトイレをしているのを見かけたら、
短くわかりやすく叱るようにします。

時間が経ってしまってから怒ると、
犬はなぜ怒られているのか理解できず、
トイレをすることが悪いことだと認識してしまいます。

隠れていろんな場所でトイレをするようになり、逆効果です。

トイレの場所は一度決めたらあまり変えないようにして、
わかりやすくしておくことも大切です。

わんちゃんのトイレトレーニング

a1320_000180
ペットブームで、犬を飼っている人は多いと思います。

昔から、犬は人間にとってよきパートナーであり家族です。

しかし、犬を飼うということはそれなりに責任もあり、
その犬の一生を見届けるということでもあります。

そして、人間とともに生活するので、
しつけというのも大切になってきます。

まず最初のしつけは、トイレトレーニングではないでしょうか。

今ではトイプードル、チワワなどの小型犬が人気で、
室内で飼っている方が増えてきていると思います。

そうなると、室内でどこにでも
フンや尿をされてしまっては
たまったものじゃありません。

しかも、一匹ならず複数の犬を飼うと
部屋の中が大変になってしまいますので、
トイレトレーニングは大切です。

やはり、しつけは小さい時から始めた方が楽です。

まずは、ワンちゃん用のトイレを作る必要があります。

ホームセンターなどで売っています。

ワンちゃんに合ったサイズのトイレやトイレシートを買います。

そして、トイレの場所を決めます。

毎回のように、人間がトイレの場所を変えたりすると
犬も悩んでしまいます。

そして、犬がおしっこや便をしそうになった瞬間、
すかさずトイレに連れて行きおしっこなどさせます。

それを何度か繰り返すと、犬も覚えてきます。

最初はトイレに失敗することもあります。

そんな時は、トイレに失敗した瞬間は叱ってもいいと思いますが
トイレをして時間がたってから叱っても犬が分らないこともあるので、
しかるタイミングは大切です。

しつけは何よりも飼い主と犬の信頼関係が大切だと思います。

ですので、日ごろから犬と散歩したり遊んだり、
しっかりコミュニケーションをとるのを
心がけるといいと思います。

家族の一員 愛犬のしつけ「トイレの基本」

a0001_000043
犬の「トイレ」はしつけをする項目の中で上位に位置します。

仔犬の場合はお家に来たその日から始めても大丈夫です。

成犬の場合もしつけは可能ですが、
成犬になった犬が初めてのお家に来た場合は、
先ずは新しい環境に慣れる所から始めてください。

犬は自分の寝床ではトイレをしないので、
自分専用の「トイレの場所」を用意してあげて下さい。

人の出入りが少なく、静かな場所が望ましいですが、
あまり遠くなく、移動が困難な場所は避けてあげて下さい。

もし、「トイレ」以外の所で粗相をしても、叱らず、
犬に掃除をしている姿を見られないように、
別の場所に連れて行き、静かに綺麗に掃除をしてあげて下さい。

叱ってしまえば、犬は粗相を「した事」を怒られていると理解し、
我慢するようになったり、隠れてするようになり、
また、隠そうとうんちを食べてしまうといった事態になりかねません。

この時、ニオイも残らないように綺麗に消臭して下さい。

粗相をした場所にニオイが残っていれば、
そこが「トイレ」と思い、失敗の原因にもなります。

人に様々な性格や能力が有る様に、
ワンちゃんの性格だって様々です。

犬はリーダーの元で群れを成し生活をしていた訳ですから、
飼い主さんがリーダーとして認められ信頼関係が築ければ、
しつけをしていくのもスムーズに進みます。

犬の習性を無視したしつけは、犬にとって
とてもストレスがあり大変です。

イライラせず、気長にしつけてあげて下さい。

それに、育つ環境も違えば、飼い主さんも違います。

その犬に適したトレーニング方法を見つけてあげてください。

犬のしつけにはトイレシートの位置をしっかりと教える

a0800_001214犬のしつけでは、犬が使えるトイレの位置を教えることが必要です。

それには、トイレシートの位置を覚えさせることです。

シートの位置を毎日変えると、犬も何処ですればいいのかが分からなくなるので、
その位置はきちんと決めておくことが必要です。

それでも犬が何処にあるのかと分からない時には、
ここにシートがあるよと分かる、
「しつけ液」というものを付けるといいのです。

それを付ければ、犬はその臭いを頼りに、
その位置まで行けるようになります。

根気よく、そのしつけ液を付けることも大切です。

それでもなかなかしつけられない時には、
「ドッグサークル」というものを
設置する方法がいいでしょう。

ドッグサークルの中にはオシッコができるように
シートを固定できます。

シートを設置しておき、犬をそのサークルの中に入れてドアを閉めれば、
自然とその場所を覚えて、オシッコができるようになります。

慣れてきたらドアを開けておき、
自然と出入りができるようにしておきましょう。

自分でそのシートのある部分でオシッコができるようになったら、
必ず優しく褒めてあげるのもポイントです。

できたら「良い子だねえ」と言いながら
撫でてあげるのも良い方法なのです。

その時には、その犬が大好きなお菓子などを用意しておき、
できたら褒めながらそのお菓子をあげれば、
よりその場所でできるようになるでしょう。

健康を考える時には、大好きなおもちゃを見せては
褒めてあげるのも良い方法です。

その場所でトイレをすれば良い事があるんだと覚え、
自分でできるようになります。

犬がトイレシートの上に来たら、
タイミングを見計らい、「シー、シー」と言ってあげると、
犬もオシッコしたりします。

犬が混乱しないように、しつけに使用する言葉は、
家族みんなで統一することが大切です。